看護師 セクハラ

看護師 セクハラの対処法

看護師 セクハラ

 

看護師の方で業務中に患者からセクハラを受けた!という方も少なくないと思います。

 

勤務中に、患者から手を触られる、キスされる。など他にもいろいろあるかと思います。

 

それでも、その場は怒らず笑顔で切り抜け、
師長に報告しても流されてしまう。

 

ほかの看護師もお尻を触るなどのセクハラ行為をされているのもかかわらず、
家族や本人には注意もしてもらえない。

 

患者やその家族がクレーマーの場合、対応の件で苦情いうなど、
病院側はあまり問題を起こしたくないというのはわからないでもないですよね。

 

しかし、上司は患者やその家族には何も言ってほしいですよね。

 

看護師の方の大半は傷つき、今後またセクハラされたらどうしょうとか考えてしまうものです。

 

入院が長い患者の場合、もう顔も見たくないという気持ちになるのが人間です。

 

困った患者というのは沢山いますよね。

 

クレーマー患者や、その家族のことは本来、
病院側や看護部長、師長に毅然とした態度で処理してもらいたいものですが、
難しい問題です。

 

確実に、また冷静に記録に残す事も大切ですし、
その記録が証拠になることもあります。

 

元々こういう患者だといh認識ならば、
余計な係わりは避けても良いと思います。

 

必要最小限!にVSのチェック位しかしない。

 

不要に手も出さない、身体も離れた所からしか会話しない。

 

す恋s極端なようにも思いますが、
患者なので顔も見ない訳にはいかないですが、
関わりを制限する事は可能なのではないでしょうか。

 

何かされそうになったとき、警戒しつつさっと身体を引いて良いと思います。

 

そのような患者の前では油断しないことも重要です。

 

「セクハラはやめてください!」と言ってやってもいいと思います。

 

セクハラする患者は、何も言わない大人しそうな看護師の方を選んでたりします。

 

有る意味、軽く見られているのかもしれませんよね。

 

相手にしない!毅然とした態度を貫く事も看護師には必要かもしれないですね。

 

ほかの患者の方に聞こえるように「何するんですか!」と声を出してやってもいいと思います。

 

たとえ家族が騒いだとしても、
他の患者の方も状況を知っているので、力になってくれる場合もあります。

 

後は、適当に流したり、軽くあしらったり。ということもアリかと思います。

 

この仕事ではもしかしたら避けられない問題なのかもしれませんが、
看護師も人間ですから、不愉快な事には違いないですね。

 

余りにも対応がない場合、病院や、師長なども考えものです。

 

通常の病院では、医師を始め、師長も主任、スタッフも、
周りが毅然とした態度で取り組むので、セクハラがあった場合、
患者にも家族にも現状を厳しく通達し、
同じ行為があった場合は強制退院するなどの制約書を残したりします。

 

これは当然ですし、良い看護を提供する、業務をする者を守る為に必要な事ですよね。

 

現在の病院に何も期待出来ない場合は、まともな病院へ転職も考えるべ木なのかもしれないですね。

 

新人看護師 転職こちらも参考にどうぞ。