新人看護師 欠勤

看護師 欠勤のキッカケになった先輩看護師たちの卑劣な行動

看護師 欠勤

新人看護師 欠勤

 

看護師 無断欠勤したことを
あまり気にしても始まらない…。
それほどの理由があなたにはあるという事実だけ…。

 

どうしても精神的にキツすぎて無断欠勤をしてしまい、
今までの自分の行動を振り返り、責め、過去の出来事を後悔したりしていないでしょうか。

 

もう一度看護師として一からやり直すために、
少しずつ転職活動について行動していても、
自分を一人前にしてくれるしっかりした病院を探そうと思えば思うほどなかなか見つからず、
無断欠勤の事実を引きずりなが今は職場を選ぶことは難しいのかもと弱気になってしまっていませんか?

 

ただ、最近は人間関係などが原因で退職した看護師さん、
退職したあと業務に不安がある看護師さん、
育児のため退職したあと復職し洋と思うブランクのある看護師さんの再雇用など、
プリセプターの指導のもと、優しくしっかり指導してくれる病院も年々増えています。

 

クリニカルラダーで教育、看護師に限らず、どんな仕事も3年が一区切り、一人前みたいな風潮もありますが、
事実、新卒で最初の職場に馴染めず、勤めた職場に3年いない人もかなりいるというのが現実です。
なので、時期に関係なく、あなたと同じようにどうしようもない事情で無断欠勤するしかなかった方、
それぞれ様々な理由で無断欠勤をするしかなかった看護師さんは大勢いると思いますので、
そこはあまり気にしてもどうしようもないと思います。

 

してしまった後の第一歩として、次の職場を考えている場合、病院見学や電話で直接問い合わせをする際に、
過去に無断欠勤してしまうほど精神的に追い詰められていた事、そこで感じた不安点など、
しっかり病院側に相談してみるといいと思います。

 

無断欠勤してしまったことを今後引きずるよりも、
これからどんな現場で看護師として成長したいのかということが一番重要ですし、
今後、面接に行った場合に聞かれる可能性も高いと思います。
面接では何より、自分が前向きに転職活動に望んでいるという気持ちを伝えることをければ、
今後はそんなに心配することはないと思います。

 

今勤めている職場、それがあなたに合わなかっただけのことです。
あなた以外にも、そんな人は大勢います。
前向きに次の職場を探してみましょう。

 

看護師のあなたの年収は「あなた自身」に見合ったものか?

 

看護師 転職

 

分の価値というと、イコール「年収」と考える方がほとんどではないでしょうか。

 

転職する際に年収がいくらで採用されたかを考えると、
自分の価値は分かりやすいのかもしれないですよね。

 

しかしそれは、数ある今までの例から得られた一つの結果と結びつけ、
決めているに過ぎないとも言えますよね。

 

あなたの無限の可能性を考えるとどうなのでしょうか。

 

「自分が今、得ている年収の相場は妥当なものなのだろうか」

 

「仕事量や責任は日々増しているのに給料は全く上がらない」、

 

そう考えたことがある人は多いのではと思います。

 

そういったことを考えたときの看護師の方の心情としては、

 

「今すぐ転職するつもりはないけれど、自分が今いる状況、自分の価値だけは知っておきたい」、

 

そう言って看護師専門の転職サイト(人材紹介会社)を利用する人が大半なんだそうです。

 

しかし、そもそも「自分の価値」とは何なのか、本当に理解している人がどのくらいいるでしょうか。

 

医療機関、職種、年齢、職務経験と年数など、
持っているスキルなどを評価対象に、自分に近い人が、現在どのくらいの年収を得ているのか、
自分と同じような職場、勤務体系などが近い求人情報と比較することで、
それは大体の目安は分かるものですよね。

 

いずれのことを考えている場合は、より正しく自分の看護師としての市場価値を知るには
日頃から多くの情報に触れ、できるだけ複数のところを、過去・現在・未来を踏まえて自分なりに納得するところを見極められるかが重要です。

 

◎情報収集

 

情報収集の方法はいろいろあります。

 

看護師の専門サイトで自分の経験やスキルが求められる医療機関はどのくらいあるか、
年収はどの程度かを調べてみるのがいいです。

 

複数の看護師専門サイトに1件1件登録して相談するのもいいのですが、
どんな求人が提案されるかを見てみるのには圧倒的に求人数の多いところを利用し、
ひとつに絞って探すほうがもっと効率よく、より多くの情報を短期間で受ける方法だと私は思います。

 

「ナース人材バンク」は、情報量はどこよりも圧倒的でこの業界では一番老舗の看護師専門サイトです。

 

全国どこからでも膨大な情報を受け取ることができます。

 

それによって、医療機関とのマッチングを図る。過去・現在・未来を踏まえた評価によって、
あなたの経験に対する現状の価値を把握することができるのではないでしょうか。

 

 

 

>>あなたの年収はあなた自身に見合ったものか?市場価値をチェック

 

 

 

 

  

全国最大級の求人案件数。【ナース人材バンク】で安心のお仕事探し

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

ナース人材バンクは看護師さんのお仕事紹介サイトです。掲載求人案件数は

3,000件以上!ご登録から条件交渉、ご入職まで専門コンサルタントが完全サ

ポートいたします。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★★ナース人材バンクご登録の3つのメリット★★

 

☆新着求人、非公開求人

新規オープンの施設や事業所でのお仕事、主任クラス以上の希少求人など、ナース

人材バンクにしか寄せられない求人も多数あります。介護業界における転職支援の

プロであるコンサルタントが、これらを含めた数多くの求人の中から最適な案件を

厳選し、ご紹介します。

 

☆すべて無料

ナース人材バンク(株式会社エス・エム・エス)は厚生労働省から許可を受け、人

材紹介サービス事業をおこなっています(許可番号:13-ユ- 190019)。この事業

は人事採用支援サービスを受けている病医院・企業から費用をいただく仕組みに

なっているため、登録者の方から手数料等の費用をいただくことは一切ありません

のでご安心ください。

 

☆雇用条件の確認

内定が決まりましたら、給与・勤務時間・休日・研修内容・社会保険の有無などが

明記された「雇用概要確認書」をお渡しします。いざ入社した後にボーナスや勤務

時間などに関する認識のズレやトラブルが起きないよう、事前にしっかりと雇用条

件を確認することができます。

 

独身女性

 

 

 

私はついに欠勤してしまいました。別にどこも悪くない。完全に仮病でした。私が弱いせいもあるのも事実ですが、周りと比べて仕事が遅い私は、完全に周りに目を付けられ、嫌がらせをされたり、無視されたり、すこしずつ周りから疎外されていきました。それでも、こんな状態で辞めても働く場所なんてない。と思っていた私は、せっかく就職が決まったんだから頑張ろうと自分に言い聞かせて、日々の業務を一生懸命覚えようと、私なりに努力していたと思います。分からないことは無理やりでも先輩看護師を捕まえて聞き、少しずつですが、自分の中では状況が改善していくように思っていました。

 

新人看護師の欠勤〜辞めたくて悩む

看護師 辞めたい 欠勤
そんなある日、私は休憩時間になり、休憩室に入ろうとしたとき、その前に中にいた先輩看護師、同僚看護師が私の陰口を言っているのを偶然聞いてしまいました。今日の夜勤、トロコ(私のこと)とだよ〜。最悪、あいつたぶん知恵遅れかなんかだと思うよ。あんなに仕事できないわけないもん!私は休憩室に入らず、そのままトイレに駆け込み、休憩時間が終わるまで泣いていました。次の日、私は欠勤しました。

 

私はついに張りつめていた何かがパツン!と切れてしまったのか、今までどんなに調子が悪くても、休まずに頑張ってきたのですが、あからさまに陰口を聞いてしまったことで、そんなふうに言われるなら行かないほうが良い。無理して行かなくてもいいってことでしょ?みたいな解釈で、体調悪いので休みます。と電話し、その一日は私にとって、とても意義のある一日になりました。

 

看護師 欠勤せずがむしゃらに頑張ってきたのに

看護師無断欠勤 辞めたい
今までは新人なのでがむしゃらに、当たり前ですが走ってきました。でも受け入れてもらえない。あの人たちにそこまで気を使い、取り入らなければ仕事って教えてもらえないのだろうか?とか、とにかく一日、今後について自分の悪い部分、環境の部分、看護師の仕事について、ゆっくり考えてみました。今までこんなことありそうでなかったことでしたし、激務過ぎて自分を振り返る余裕なんてなかったと思います。先輩看護師、同僚看護師に言われていた陰口がキッカケに、私は自分を振り返る機会を作りました。その中で私が出した結論は、在職中にほかの職場を調べてみようと思いました。

 

欠勤したこんな看護師の私でも

看護師 欠勤理由
こんな私でも、働く場所がほかにあるのかもしれない。始めからあきらめるのではなく、今の職場が嫌で嫌でたまらないのなら、次の職場が見つかりさえすれば辞められる。あの人たちの顔を見なくて済む。そんなことを考えていると、少しだけ気持ちが楽になりました。気持ちが楽になるということは、心から今の職場が嫌なんだと改めて気がつきました。今すぐどうにかしようとすると、何から何まで怖くなって何もできなくなるので、少しずつ準備しながら、進めてみようと思いました。

 

どうしても嫌なら無理してそこにいる必要なんてないと、やっとそんな風に考えられるようになりました。次の日から私はどう辞めるのだからと開き直り、嫌いな先輩看護師や同僚にも遠慮しなくなりました。なんか、これって大事かも。って最近思います。同じ状況の看護師の方がいた場合は無理している理由がないのであれば、次を探してみましょう。

 

看護師 欠勤

 

休みの次の日は仕事に行きたくない

 

それでも頑張り続けたあなたは偉いと思います。

 

カラダを考えて無理のない環境へ…。

 

看護師で無断欠勤する人の気持ちもわかる

看護師 欠勤したい
やってわいけないが、無断欠勤する人の気持ちもわかる。そこまで来たということは、もうほぼ限界だということだ。体調が悪く欠勤するのはしょうがない。(それもあまりしては信用を失うが)しかし、精神的に行きたくないのは、ひどい状況、心の病も入っていることも多い。きつかった。今の今までいろいろあった。明日から「働くの無理。辞める」って心の中で何度も思う。しかし、無断欠勤だけはしてはいけない。広いようで狭い業界、無断欠勤するくらいなら退職希望を伝えた方がいいだろう。

 

「次の日は仕事だ」「あと何時間したら仕事にいかなくてはいけない」「あと何時間」など、こんなふうに考えるようになったなら退職したほうがいい。仕事に向かう途中でこのまま消えてしまいたいと何度も思うようなら、あなたの心が悲鳴を上げている証拠。

 

「みんな同じ気持ちで働いている。私だけではない」こんなふうに考えられるうちはまだ大丈夫だろう。何事も無理は禁物。真面目な人ほど必要以上に無理をしてしまうケースが多い。無断で休もうという気持ちはわかる。自分にとってひどい環境なら尚更。しかし、まずは電話連絡、そして理由を言う。勇気がいるが、職場を辞めるときも同じように勇気を必要とする。しかし、小さな勇気でいいのだと自分に言い聞かせることができれば、怖さは半減し、自分にとって笑顔で過ごすための道を選択することができるに違いない。

 

看護師のあなたの年収は「あなた自身」に見合ったものか?

 

看護師 転職

 

分の価値というと、イコール「年収」と考える方がほとんどではないでしょうか。

 

転職する際に年収がいくらで採用されたかを考えると、
自分の価値は分かりやすいのかもしれないですよね。

 

しかしそれは、数ある今までの例から得られた一つの結果と結びつけ、
決めているに過ぎないとも言えますよね。

 

あなたの無限の可能性を考えるとどうなのでしょうか。

 

「自分が今、得ている年収の相場は妥当なものなのだろうか」

 

「仕事量や責任は日々増しているのに給料は全く上がらない」、

 

そう考えたことがある人は多いのではと思います。

 

そういったことを考えたときの看護師の方の心情としては、

 

「今すぐ転職するつもりはないけれど、自分が今いる状況、自分の価値だけは知っておきたい」、

 

そう言って看護師専門の転職サイト(人材紹介会社)を利用する人が大半なんだそうです。

 

しかし、そもそも「自分の価値」とは何なのか、本当に理解している人がどのくらいいるでしょうか。

 

医療機関、職種、年齢、職務経験と年数など、
持っているスキルなどを評価対象に、自分に近い人が、現在どのくらいの年収を得ているのか、
自分と同じような職場、勤務体系などが近い求人情報と比較することで、
それは大体の目安は分かるものですよね。

 

いずれのことを考えている場合は、より正しく自分の看護師としての市場価値を知るには
日頃から多くの情報に触れ、できるだけ複数のところを、過去・現在・未来を踏まえて自分なりに納得するところを見極められるかが重要です。

 

◎情報収集

 

情報収集の方法はいろいろあります。

 

看護師の専門サイトで自分の経験やスキルが求められる医療機関はどのくらいあるか、
年収はどの程度かを調べてみるのがいいです。

 

複数の看護師専門サイトに1件1件登録して相談するのもいいのですが、
どんな求人が提案されるかを見てみるのには圧倒的に求人数の多いところを利用し、
ひとつに絞って探すほうがもっと効率よく、より多くの情報を短期間で受ける方法だと私は思います。

 

「ナース人材バンク」は、情報量はどこよりも圧倒的でこの業界では一番老舗の看護師専門サイトです。

 

全国どこからでも膨大な情報を受け取ることができます。

 

それによって、医療機関とのマッチングを図る。過去・現在・未来を踏まえた評価によって、
あなたの経験に対する現状の価値を把握することができるのではないでしょうか。