新人看護師 退職

新人看護師 退職。働きやすい職場に転職するためにチェックしておきたい3つのこと。

新人看護師 転職

もう体が持たなかった…。

私なりに頑張ったけど…。

新人看護師 転職転職を考える理由

今の職場より条件の良いところを探してみたい

新人の看護師でどんな求人があるのかわからないけど、とりあえず見てみたい!

生活環境が変化

新人、家族の転勤、結婚、出産。家庭の事情、親の介護、日勤のみ。など。

キャリアアップがしたい

新人残業もしたい。今はまだ独身なので、もっと学べる環境で数多くの症例を経験したい!

新人カンゴ師で給料をUPさせたい!

職場環境の悪化

新人のカンゴ師で今の環境に愛想が尽きた!逃げたいのではない、捨てたい!脱出したい

新人看護師 転職新人看護師 転職〜 辞めた後の不安を解消。

新人看護師 転職
1年前まで某病院で新人看護師をしていた時は、毎日の激務に
体に鞭を打って生活をしていました。
新人の身で気が引けましたが、体がもたなかったので
勇気を出して転職し、職場を変えることを決意...!
結果、わたしの生活は転職でガラッと変わりました!
今は新人の人員が充実している、新人看護師にも優しい病院に勤めさせていただき
とても楽しく仕事をしています。
もともと新人として看護師のお仕事は好きだったので
あの時勇気を出して転職をして良かったと心から感じてます。
今日、新人で転職を考えてこのホームページに訪問していただいたあなたに
新人看護師時代の私が、自分なりに考えた
「新人のカンゴ師退職〜今いる残業なしの職場に就くまでの大事なポイント」をお伝えします。
少しでもあなたのお手伝いができれば幸いです。

新人が転職先を探す時に気をつけたいこと…。

Q・総合的な看護師力を身に付けたい、在宅看護師や訪問看護師も視野に…。
A・訪問看護ステーションを併設している病院、地域医療支援病院などを積極的に調べてみましょう。
 または、訪問看護認定看護師などが多く勤務する病院に転職も、
 新人としてさまざまな知識や技術を学べる機会が得られるはずです。
Q・新人で仕事、プライベート両方充実させたい。転職後、結婚、出産しても看護師を続けたい…。
A・新人としての勤務体制は自分の理想に合っているか、休日、休暇はどうか、
 また、保育施設の設置状況、福利厚生の内容を重点的に調べて転職を考えましょう。
Q・新人からいずれ専門、認定看護師などの資格を取り、エキスパートナースを目指したかった…。
A・資格取得に対する教育、新人などの研修制度の内容が充実しているかが重要。
  見学会などに参加して、現場ではどのように指導されているのかを重点的に調べて転職しましょう。
簡単な操作でキャッチした大量な求人情報から絞り込める
言うまでもないことですが、
新人看護師の転職成功の第一のハードルは転職先となる病院、医療機関をを探し出すことです。
しかし、新人で転職活動をスタートしたあなたならわかると思いますが、
「これだ!」と思う病院の転職、求人情報と出会うのは、そう簡単ではないですよね。

 

ある新人看護師の転職希望者は未経験の心療内科をを志望していました。

 

新人で正看護師として採用されることを望んで、そうした転職のための求人が毎週、
数百件も掲載されている新人も含めた転職情報誌を、
いくつか購入していましたが、応募資格、経験や勤務エリアなど、
転職に関する各種の条件を見合わせると、1冊探しても転職に該当するものは1件か2件あれば良いほうではないでしょうか。
見落とすまいと、いつも目を皿にして丹念にチェックしていたという場合もあるかと思います。

 

インターネットならば、こうした転職先を探す作業の苦労はないので便利です。

 

たとえば、いくつかの新人も含めた看護師転職情報専門サイトが一堂に集まっている「複合型のサイト」がもつ求人の転職情報数は、
実に数千件にもなるので新人が転職先を探す情報収集には使わない手はないかと思います。

 

その大量の新人も含めた転職、求人情報を希望条件やキーワードで瞬時に検索できる機能もあるので重宝します。

 

時間や場所を問わず看護師専門の求人情報や転職ノウハウも入手できる。
インターネットのいいところは、時間を問わずに使えることです。

 

また、国内をネットでつないでいることで、遠隔地の新人も含めた看護師転職のための求人情報も近場と同様も入手できる利点があります。

 

新人といえど業務が多忙なので転職活動に割ける時間帯が深夜になってしまう事の多い新人看護師のあなたの場合は、
とくに重宝するのではないでしょうか。
転職情報誌を買ったり読むときは休憩室などで
職場の上司や同僚に見られないように気を遣いながら転職先を探す必要がありますよね。

 

あるいは地方の知人に現地の転職探しを頼んでいる、といった話もよく聞く話でしたが、
看護師の転職サイトを活用すれば、それらの不自由さは大幅に緩和されるのではないでしょうか。

 

さらに注目したいのは、インターネットには新人も含めた転職に沿った情報が満ちていることです。

 

サイト内の転職の情報ノウハウや適性診断テストなど、
各種の機能をうまく使いこなせば、転職の成功率はグンとアップする場合もあります。

 

転職サイトを使いこなすには〜検索機能はもちろん、転職情報のくわしさに注目

 

大量の転職情報を条件によって検索できるのは、看護師の転職サイトの最大の特色です。
サイトによって内容やしくみは異なる部分がありますが、
たいていはトップページに選択分類が示されていて、
選択した転職求人情報を一覧できるのが特徴です。

 

そして、さらに細かい検索条件の選択や入力によって希望に合う求人情報を絞り込めるのも嬉しい機能ですよね。

 

その検索条件を登録しておけば、つぎからはワンクリックでピックアップすることも可能になります。

 

こうした機能については、すでに使い慣れている新人看護師の方も多いのではないでしょうか。

 

しかも、転職希望者にとって便利なのは、掲載されている病院の求人募集の内容が、
新聞の求人欄や転職情報誌に比べてくわしいサイトが多いということなのかもしれません。

 

とりわけ「看護師転職情報専門サイト」の場合は、募集に関する転職の情報のほかに、
具体的な仕事の内容や勤務条件、またサイトによって医療機関による職場のコラムなどが盛り込まれていることがありますので、
そのあたりも新人の方は参考にできるのではないでしょうか。

 

企業看護師の情報もあり、病院概要や経営概念や経営理念を掲載したり、
リンクされているホームページに瞬時にアクセスできるものも嬉しい機能です。

 

自分の希望する転職、病院探し、医療機関に出会えるか、
適切な病院を選べるか、この二つは転職の成功、失敗を分ける重要なカギと言えるのではないでしょうか。

 

またくわしい情報を入手するほど、自己PRのツボが掴めることを考えれば、それだけでも看護師転職サイトを使う意味は大きいと思います。

 

看護師が注目する安心のサイト一覧

 

新人の転職に人気の代表的な無料転職サポート募集概要

 

新人看護師 転職

誰もが知るリクルート運営なので、初めて転職サイトを利用する新人の方で登録される方も多いです。

担当者が合わない場合は変えてもらうことも可能。

地方の求人もしっかりしていて、新人でもタイミングが合えば好条件なものも。

転職前に院内情報もしっかり教えてもらえます。

新人ということは気にせず、どんな時も自己主張をしっかりするのが転職前のポイントです。

新人看護師 転職

 

 

新人看護師 転職

新人で初めて転職サイトを利用する方も多く、「数社登録した中で一番対応が良かった!」という声も多く聞きます。

新人も含め、現在、転職に使いたいサイトNO.1!というだけあって、

担当の方がとにかく丁寧で、転職支援金目当てに、他の転職サイトに数件登録した方も、

結局、最後は親切で丁寧なマイナビを選ぶ場合もかなりあるようです。

「また転職することがあればマイナビを選ぶ!」「マイナビで転職したら自慢になる!」という看護師の方の声も多く聞かれます。

新人看護師 転職

 

新人看護師 転職

全国12拠点の営業所で全国の看護師さんの転職サポート!!

電話・メールで紹介だけでなく面談までサポート!!

新人の方を含め、看護師さんの満足いく転職はぜひ医療ワーカーにご相談ください!

新人看護師 転職

 

 

なんとしてもミスマッチだけはしたくない!という利用者の方の想いを考え、様々な看護師転職サイトを比較し、
その中でも厳選に厳選を重ねて、こちらの転職サイトを掲載いたしました。
もちろん、ハローワークやそのほかの看護師転職サイトもタイミングが合えば素晴らしい情報に出会えるという点では一緒なので、
上記の5つの求人情報と比較、併用しながら情報を集めて頂けますと、新人の方もより好条件の情報に出会えるのではないでしょうか。

 

 

必ず報われる

新人看護師 退職

 

新人で泣きたいのをよく我慢したと思う。

 

新人のあなたはよく頑張っていると思う。

 

今度は転職先できっと芽が出るはず。

 

だって、新人でこんなに頑張って生きてるんだから。

 

毎日辛い思いをしていたのだから。

 

新人看護師 転職

 

新人で早期退職しても…。

 

試用期間中の退職しても…。


人間関係が原因で退職しても…。


次こそは働きやすい環境へ転職。
新人のうちにカラダに合った職場へ。
新人看護師 転職
関連記事

今現在の情報を集める…。

新人看護師 転職
 まずは、今現在あなたの地元でいったいどのくらい情報が見つかるのか、
あなたがここなら働いても良いと思えるところが、
いったい何件くらい見つかるのかだけでも調べておくと、
いざという時ラクだと思います。
「残業なしの病院」
「休みをしっかり取れる病院」
「夜勤のない病院」
「2交代の病院」
「給与、待遇の良い病院」
「年収の高い病院」
などなど、探しているうちに、いろいろと見つかるのではないでしょうか。

 

看護師専門求人雑誌を立ち読みしている感覚で…。

 

新人看護師 転職
改めて考えても、やはり転職する方向で働きながら検討したいというのなら、
まずは他の病院の情報がしりたいですよね。

 

看護師専門の求人雑誌を立ち読みしている感覚で、
情報を休憩中や、自宅など、
空いた時間で調べ、一番合っているものを利用するとスムーズかと思います。

 

そこで、今現在、あなたが「ここなら働いてもいい」と思える地元の病院の情報が、
何件見つかるか探しておくだけでも心の余裕ができると思いませんか?^^

 

登録が面倒なら…。

新人看護師 転職
登録が面倒なら、電話で直接という手もあります。
登録しなくても情報を見ることができますが、
登録する事で、さらに詳しい最新の求人、募集状況、
非公開求人などを案内してくれるようになります。

 

専任の転職アドバイザーと電話で会話する場合、
現在、在職中の現場の話、気になる現場を見つけたなら、
そこの人間関係、給与や待遇、お休みがしっかり取れるかなど、
その時は思ったことをそのまま聞いたほうがいいです。

 

相談する場合、洗いざらい言ってスッキリしましょう。
さらに、他では手に入らない内部情報などを、
そこそこの転職アドバイザーは掴んでいることもあるので、
驚きの出会いが待っているかもしれません。

 

希望条件・募集状況などを打ち合わせるのも重要ですが、
やはり、今現在の抱えている悩み、転職に関する悩みや、
今現在、気になっていること、
ほかの病院を探す場合、病院、施設側には言いにくい、聞きづらいこと、
ときには新人の辛さ、看護師の仕事以外のことでも、何でも伝えて、聞いてもらいましょうよ。

 

悩みを聞いてもらうことがまずは重要だと思うんです。
気に入った情報を見つけたら面接、
職場見学などの相談も聞いてもらい、
日程の調整、面接、職場見学に同行してもらう。

 

転職日の日程調整、連絡といった面倒なことは、
すべて専任の転職アドバイザーにお任せてしまいましょう。

 

実際に病院の人と話し、新人のあなたが良いと思えば進めば良いですし、
違うなら行かなくて良いと思います。
ここならと大丈夫かなとイメージできたなら、
話しを進めてもOKかと思います。

 

直接は言いにくい雇用条件の確認、
新人のあなたの転職時期の交渉もすべて専任の転職アドバイザーにお任せてOKです。
何があっても、遠慮は禁物ですよ。

 

今現在、新人のあなたを中心に世界は回っているというイメージでいいですよ。^^
何かに迷ったなら、あなたにとって、
こっちのほうが楽しいかもと思える方を選びましょう。

 

絶対知っておきたい。ネットで新人が求人を探す場合の注意点

新人看護師 転職
まずは2〜3社くらいに登録、非公開求人、担当者の良し悪しを比較しながら、
利用するのが良いようです。

 

注意点は、最初の2〜3件で決定しないこと、
担当者が熱心に勧めてくるところは疑ってください。

 

特に魅力が賃金のみの病院などは要注意です。

 

かなり困っている病院で、環境にも問題ありかもしれません。
紹介会社は使うと精神的にラクですが、相手任せにしすぎず、
選ぶのも自分、判断するのも自分だということを忘れず、
賢く活用しましょう。

 

紹介会社任せ、担当者任せにしないようにしましょう。

 

新人看護師 陰口 イジメに悩む日々

新人看護師 陰口

 

新人看護師〜いじめや陰口をたくさん言われ退職

 

 

どこの職場にいたとしても、
不愉快な人間は必ずいるよね。
その状況への対処法ってどうしたらいいんだろうね。
今後のことを私も考えてしまうよ。
冷静に相手の性格を分析する余裕があればいいだろうけど、
それも難しいし。

 

「この人、なんでこんな理不尽なことを言ってくるんだろう。
理由は何だろう。」とか、「この人、なんでこんなキツイ性格なんだろう、反対にかわいそうになる」とか、
自分なりに分析してみてどうかなればいいけど、
そんなことでは気持ちが落ち着くだろうか。

 

それにしても、自分のストレスを人に当たって解消しようとしているだけだと思うし、、
新人を攻撃し、未熟な自分を隠して正当化しようとしているだけなら、
そんな人、相手にもしたくないし、解決法なんて考えたくもなくなるよね。

 

一つ言えるのは、自分が高い場所から相手を見下ろしてしまえば、
自分は傷つかない、低いレベルの人間を気にしても仕方がないと思えるかもしれないよね。
「この人はこんなにレベルの低い人だ。」と心から思えたなら、
腹も立たなくなるかもね。

 

次の職場も、そんな人が現れないとは限らないけれど、
できれば居ないところをどこかで見つけてないとね。^^

 

新人看護師 辞めたい 

新人看護師辞めたいときどう向き合うか

新人看護師辞めたい
新人看護師辞めたい半年近くを経過した頃、新人看護師の中には、
辞めたいと想い始める新人が多いのも事実だ。

 

新人看護師辞めたいこれは別に看護師の仕事に限ったことではなく、
普通の一般企業、大企業に就職したとしても、
普通の考える事柄だ。

 

新人看護師辞めたい私が新人の時にも経験がある。何が辛かったのだろうと振り返ると、
一言で馴染めていないという想いが一番ではないだろうか。

 

新人看護師辞めたい仕事がイマイチ覚えられない、上手く出来ない、人間関係が合わない、
新人だからいつも怒られてばかり、職場に行きたくない。

 

新人看護師辞めたい様々な感情の中で、現場に集中しなければならないとしたら、
新人が足踏みするのはどんな仕事でも当然なので、
その辺はあまり気にする必要はない。

 

新人看護師辞めたいこの時、どう新人の自分と向き合うかということだが、
まずは自分の理想の未来を見つめてほしい。
新人看護師辞めたいもちろん夢でも構わない。それを強く考えた時、
今の現場で自分が頑張れば届くかどうかが一番重要なのではないだろうか。
新人看護師辞めたい今の現場で夢を実現させる、目標を達成出来る可能性が少しでもあるのならば、頑張る価値はあるのかもしれない。

 

新人看護師辞めたいしかし、自分の野望を達成出来る可能性が何一つないとしたら、それは、目標を達成させることが出来る場所を探した方が良いという答えに自然とたどり着くはずだ。
新人看護師辞めたい一度きりの人生、仕事以外でも、たとえば恋愛でも、
自分と向き合う事はいつも重要なことではないだろうか。

 

新人看護師辞めたい自分なりの向き合い方を見つけていただければ幸いだろう。

 

新人看護師辞めたい〜辛い毎日を越えて…。

新人看護師辞めたい 辛い

 

新人で、もう辛くてたまらない、たぶん忙しさのあまり気がつかなかったけれど、
そのような心境だった気がします。

 

心の中で私が求めてしたものは平和な穏やかさ、さらにはやりがいといった、
誰もが欲しがるものでしたが、そのどれも手に入らないと思った時には、
新人の私の心はパンクしてしまいました。

 

心療内科で診断書をもらい休職したのち、
私は退職しました。
社会人になる前の私は、明るく活発な性格だったように思いますが、
退職する前の私は確かに笑顔になれて居なかったのだと思います。

 

仲間の存在が必要不可欠!

 

看護師 辞めたい
一時期は世界中の不幸を背負ってしまった気でいましたが、
時と共に人は変われるものです。
環境が変われば何もかも変わる、
優しく指導していただける事で、どんどん吸収できる。
いつのまにか心の病も飛んでいった感じです。
心が病む前に気づく事がすべてに対しての早道ですが、
それを計りものの一つに、相談できる人が現場に居ない場合は、
その現場は、あなたにとって良い現場とは言えないのではないでしょうか。
看護師という大変な仕事を乗り切るためにも、
仲間の存在は必要不可欠ではないでしょうか。

新人看護師 転職失敗〜元に戻りたい

新人看護師 転職
転職に失敗した!辞めなければ良かった。
前の職場に戻りたいと悩んでいるのですね。
募集がないか探していますか?
覚悟を決めて転職したにも関わらず、
合わないと感じた時は本当にキツいですよね。
前職の送り出してくれた仲間達にも、
申し訳ないという気持ちもあります。
前の病院に戻りたいと考えている場合は、
そこで働く看護師に状況を説明し、戻してもらえるように、
まずは、さりげなく連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
言いづらいのはもちろんですが、正直に話し、誠意を見せることで、
あなたを再度、受け入れてくれるのではと私は考えます。
どこの病院も看護師不足ですから、あなたの経験や人間性を分かっているなら、
なおさら可能性はあるのではと思います。

また同じような分野で看護師求人を探す場合でも、
現状、それほど苦労せず、探せると思いますが、
その場合、待遇や、休日といった譲れない部分はしっかり押さえておくことをオススメします。
なぜ転職をしようと考えたのか、どの部分を改善すれば良いのかなど、
改めて知っておくことで、ミスマッチは最小限に抑えられるでしょう。
思った事は即実戦してみるというのも、
良い方向に繋がる要素です。

新人看護師 転職先を悩んでる時に気をつけたい事

新人看護師 転職 
転職先を探しているのですね。
ネットで、現在どんな感じなのか調べていましたか?
新人で転職先を探すのは不安がありますよね。
経験が浅いことが障害になって、仕事が決まりづらいというのもあります。
ネットで看護師の情報を集める時は気をつけたほうがいいです。
初めての転職の場合、なおさら、例えば給料が安くても、
人間関係が良ければどこでもいいみたいな感覚になりますが、
長く働いていく上で、必ず給料の面も障害になり、
後々、転職を考える理由になりかねません。
私が転職した時もそうでした。
人間関係に疲れて職場を退職した経緯から、
人間関係重視で仕事場を探し、現在に至りますが、
給与や待遇が10年勤めた今も、ほとんど変わらず、
やりがいを感じられなくなり、困っている状態です。

キレイごとではなく、ヤル気が出る事には
やはり、給料は重要です。
後に転職を繰り返さないためにも、
しっかりとバランスの取れた環境に、
どうせなら、チャレンジしていただければ幸いです。

新人看護師 辞めたい〜もう転職はしたくない

新人看護師 辞めたい

誰だって、辞めたくなんかない。それだけはしたくない。そう思うはず。私も辞めるなんてありえないと思っていた。自分で決めたのだから、将来退職する事なんて想像出来なかったし、考えた事もなかった。しかし、日が経つにつれ、私自身が苦しくなっていくと、自然に辞めたいという感情が、自分の中に湧き出てきた。しかし、転職だけはするな、転職だけは絶対にしちゃいけないと、私は私なりに頑張ってきたつもりだった。今までも辛いことは山ほどあったけれど、何とか乗り越えて来たんだもの、今回も乗り越えられる、絶対に。その強い信念を元に、あり得ない残業や嫌いな人間との関係にも耐え続けていた。乗り越えた先にはいつか必ず楽になる、すべてが上手くいく。私はそう信じて疑わなかった。転職だけはあり得ない、そう思っていた。
新人看護師 最短 辞めた
理想と現実のギャップがひどいから辞める
何げに飛び込んだ今の職場。あまり深く考えずに働きだした。というより、自分の中で思い描く未来だけを信じて疑わなかった。おかしいと思い始めたのは2ヵ月をすぎた頃、社会経験がほとんど分からない私でさえ、理不尽な状況に気がついた。それまでの私はというと、理不尽な出来事に違和感を感じても、これが仕事、これが社会に出ると言うことだと、自分に言い聞かせていた。しかし、半年をすぎた頃、すべての状況が間違いだと、そう思った。何より、長い間持っていた理想像と現実があまりにもかけ離れすぎていて、どう考えても歩み寄る事のできない状況だとハッキリ気がついた時、私は退職を決めた。特に次が見つかっていたわけではないが、これ以上ここには居られないと最終的に感じたことが、人間関係や残業の多さよりも確かな理由だった。
新人看護師 辞めたい
退職する前に出来ることはないのか
退職する前に自分に出来ることはないのだろうかと必死で考えたが、打開することは出来なかった。私がいくら良い提案をしても無駄。何を言っても聞いても、聞き入れてもらえない雰囲気を働き始めた当初から感じていたからだ。結局は力のある人間と上手く出来るか出来ないか、仕事を円滑に勧めるタメには、しっかり仕事を覚えながら一人前になるためには、一緒に働く人間によって左右されるのだと気がついた。社会の仕組みとはくだらない程単純で、運みたいなものもあるのだと、その時は思った。嫌いな人間と長い時間過ごしたことのない私にとって、これほど苦痛なことはなく、もうここで出来ることはないというよりも、もうここに居ることはないと悟った。
看護師 新人 辞めたい
今辞めたいけど、どうしたらいいのか
今すぐ辞めたいと思ったが、実際はどうしたらいいのかすぐには思いつかなかった。まずは休みの日にハローワークに行き、求人を検索した。求人はあるにはあるけれど、何ていうのか、ハローワーク特有の負のオーラみたいなものを感じ、じっくり前向きに検索する気持ちにはなれず、決められた検索時間、30分も留まる事はできなかった。その帰りに求人雑誌を立ち読みしてみたが、正直、どれも良いことばかり書いている気がして、行動に移しことは程遠く感じた。最後の手段はインターネットでの検索。まず始めに感じたのは、なんでネットにはこんなに情報があるのだろうと思い、本当に募集しているのか不信に思ったというのが正直な感想だ。しかし、昔からCMで宣伝しているような所があった事が、私の心を安心させる裏づけになったことも確かだが、馴染みの芸能人が宣伝に起用されて居ることも、私の安心感を確かなものにしたのは明確だった。正しい情報を手にするためには、働きながら次の職場を探すためには利用してみてもいいと思った。個人情報を登録して、どうのこうのというのは面倒だと言うより、嫌だと思い、直接電話でいろいろ聞ける場所を利用するなら選ぼうと考えた。そこでピックアップしたのが、この4つだった。どのホームページにも共通していたのは、印象が良いということと、しっかりしていそうだと言う信頼感を感じたからだ。

看護師の求人情報を見るときに注意することは?

新人看護師 転職
1文字の違いが待遇や選考基準に影響する?
漠然と求人情報を見た印象で、応募するのはNGです。
あらかじめ病院選びの基準をノートなどに箇条書きするといいです。
それをもとに内容をチェックし、応募先を絞るのが自分に合った病院探しをする方法の一つです。
しかし、意外と多いのが、気になるところだけの、ななめ読みです。
気になる待遇などの部分だけをチェックし、
それ以外を見落として、食い違ってしまう人がいる。という採用担当者の話も多いです。
応募先を絞った段階で、もう一度、求人情報をじっくり読み込んでいくことがオススメです。
一文字違いもしっかりチェックしましょう。
たとえば、「通勤交通費全額支給」は通勤交通費の全額が支給されるという意味です。
それに対して「通勤交通費支給」なら上限額があったり、一律額支給などが一般的です。
この「全」の1文字の有無は選考にも関係するものです。
なぜなら「交通費全支給」の病院、医療機関は、遠距離通勤者が敬遠されう場合があるようです。
そこも考慮する必要があるかもしれないですね。

○試用期間について。
最近は「試用期間」について、きちんと記述する看護師の求人情報が増えてきたのも事実です。
しかし、記述がなくても「試用期間がない」と思いこまないように注意しましょう。
実際には本採用の前に試用期間を設けている病院、医療機関が多いです。
記述がない場合は面接で必ず試用期間の長さ、
その間の給与や待遇についても忘れずに確認しましょう。
○病院のコメントを参考に。
病院経営のモットー、社風や職場環境、
人材(医師や看護師などのスタッフ)に対する考え方、
経営実績などが記されていたら注目してみましょう。
たとえば、応募の年齢制限はないとしても、
「若いスタッフが多く、フレッシュパワーで成長中!」などと、
年齢層が若いことをアピールするような本音がもれることもあります。
志望動機や自己PRのヒントも見つかることもありますが、
実際に書くときは、応募者全員がこの情報を見ていることも意識しておくと、参考になるのではないでしょうか。
○給与について。

表示額の額面給与のことをさしますが。
手取りは、保険料や税金を引いた額になります。
夜勤手当、または特殊な手当てがある場合、
だいたいの計算単位や比率が明記されていなければ、
面接で確認するほうが良いと思います。
なお「賞与3か月分」などとある場合も、「給与額の3か月分」というわけではありません。
基準になるのは諸手当を除いた基本給や基準給与とも呼ばれるもので、
昇給や退職金などの計算のもとにもなるものです。
待遇
略語表現もよくありますが「社保完」は社会保険完備の意味です。
不明なものは念のためスマホなどでざっと調べてみましょう。
また上記にも書いた交通費の「全」の有無など1文字にも要注意です。
なお「賞与、夏冬2回」などとあっても、別途に職業規制で「勤続1年以上が支給対象」など条件がある例が多いです。
また去年実績額の記述は単なる目安で、
入職すれば自分もその額がもらえるという保証はありません。
勤務時間

看護師に限らず、求人広告には普通、就業規制による勤務時間が記されています。
残業の状況はわからない場合が多いですが、
そうした質問は電話ではなく面接で確認したほうがいです。
なお「変形労働時間制」「フレックスタイム制」とは、
労働時間を年・月・週などの単位で捉える制度です。
勤務時間に関する用語は多いので、内容が分らない場合は、必ずスマホなどで調べるようにしましょう。
休日・休暇
用語の誤解が多いので注意です。
よくある「完全週休2日制」と「週休2日制」は別物です。
前者は毎週2日間休めるものですが、後者は月のうち2日間休める週が1回以上あることを意味します。
不明な用語は調べておくと良いです。
また休みの曜日が記されていないのに「土・日が休める」と思う方も多いようですが、
決してそうではありません。
休める曜日が病院選びに重要項目なら応募前に確認しておきましょう。

さいごに

新人看護師 転職

振り返ると、私自身も、今すぐにでも職場を辞めたいと真剣に決断してから、
退職届けを提出するまでの間、実に半年の月日が流れていました。
今現在は気苦労は確かにありますが、後悔した事は一度もありません。
こんなに有意義な毎日になるのなら、
どうしてもっと早く、行動を起こさなかったのかと、
そこの方が後悔しています。
もっと早く行動できたなら、もっと早く楽になれたのではと考えます。
この有意義な生活が壊れてしまわないように努力しなければならないことは、
今も前も変わりませんが、自分の目指す方に努力することは、
苦痛とは思わないのではないでしょうか。
今すぐ辞めたい、そう思っても、
やはり私も周りのことばかり気にしていました。
自分が辞めたら、職場の人はどうなる、
家族はどうなる、生活はどうなるなど、不安なことでいっぱいでした。
しかし、毎日のありえないほどのサービス残業の日々、
人間関係、したいことは何一つできない毎日に、いくら生活のためとは言え、

本当にこれでいいのか、我慢しなければならないのかと真剣に考えたとき、
退職を決断せざる負えませんでした。
さらには、この職場にもういられないという思いと同時に、
新しいことをしたいという思いを抑えることができませんでした。
職場での自分の将来の頂点が見えてしまったというのも、
原因の一つです。
なので、半年の間、私は次なる場所に希望を持ちながら、
その時を待っていました。
そしてカラダを壊したのが良い機会だと思い決心がつきました。
辞める前、辞める時の不安が嘘のように、
今は人生って、何とかなるものだと改めて感じました。
しかし、退職して有意義になったからといって、
それに甘えて努力しなければ、また壊れてしまうと思うと、
今は心地よく新しい場所で頑張れています。
環境は簡単には変えられない、
しかし、行動を起こすタイミングは真剣に考えていたなら、

自然にその時は来るものだ思います。
そのために、いつ決断しても良いように、
在職しながら外の世界に目を向けていただければと思います。
あんまり広くてビックリしますよ。^^
掴んだあとはこんなにも変われるなんてって感じです。^^
このホームページが、新人看護師のあなたの役に立てたなら幸いです。

転職前、転職のあとの不安を全て解消するならこちら